銃声が聞こえる



その人を漫画にしようとすると
どこからともなく
銃声が聞こえる。

その人を揶揄した詩を書こうとすると
どこからともなく
銃声が聞こえる。

その人こそ戦争遂行の最高責任者だ
と言おうとすると
どこからともなく
銃声がきこえる。

その人の存在そのものが錯誤であり
民主主義に反すると言おうとすると
どこからともなく
銃声が聞こえる。

広大な闇をつんざく
銃声一発。
ライフル銃の引金を引いたのは誰?
銃を背にして
詩人の脳髄のクレバスを
するすると攀じ登ってくる
あの狙撃手は
だれ。


ホームページへ

詩集『従軍慰安婦だったあなたへ』全編目次へ戻る