合 図





実弾の飛ばない火縄銃人生に
ついにおさらばする秋がきた
今こそあの女が送ってよこす合図を
固唾を飲んで待とう。
淀川の水面から瞬時も眼をはなすまい
水の色の変化に細心の注意をはらえ
上流の近松城の化粧殿にいる彼女が
白粉を解いて白い水を流してきたら
俺の願いはみんごと成就する
紅を解いて赤い水を流してきたら
もう万事休すだ。

鶴酒とキリン酒をチャンポンで飲んで
鶴首しキリン首して
朗報を待つべきか
獅子酒で次第にたかまる不安を噛みくだくべきか
燕酒でわざと燕返しの涼しい顔になるべきか
いや、この際アルコールに依存するのは
卑怯きわまる
運命の告知は捕虜になったカマキリの
いさぎよさで受けるべきだ。
 
でも、あの女が錦祥女みたいに
豊満な乳房に刃をつきたて
からくれないの血潮を
紅のかわりに流してよこしたら
どうするのだ
この淀川の水が美しい絶望色に染めあげられ
津波のように興奮してまっすぐ押しよせてきた
その時は……。

ホームページへ


井上俊夫詩集『従軍慰安婦だったあなたへ』全編目次へ戻る