いきものと四つの穴





おんなの白くなめらかな
おなかにあいた
ちいさな穴から
血まみれになって
とびだしてきた
いきものは
穴があればはいりたいようなおもいがする
一生をおくり
墓場にあいた
暗くつめたい
穴のなかへ
こそこそとはいっていった。
あとにのこった
いきものたちは
ほんの二、三日のあいだだけだったが
家のなかにぽっかりと
穴があいたような感じがすると
はなしあった。


井上俊夫詩集『従軍慰安婦だったあなたへ』全編目次へ戻る


ホームページへ