ついにキミは……





かくしても駄目!
ついにキミは
人を愛してしまった。
いそいそと地下街を行く
キミのやさしい肩先で
麗しい森の妖精みたいに踊る
長くしなやかな黒髪。
その黒髪のかげに
ちらほら見えているのはなに?
ああ、それは
キミの心の曠野に
大きく弓なりにかかった
初恋の虹。


井上俊夫詩集『従軍慰安婦だったあなたへ』全編目次へ戻る

ホームページへ